iPodのある風景


 サムネイル(10件)
横浜中華街 朝陽門 横浜中華街 善隣門 アーグラー城からの眺めとiPod アーグラー城とiPod アーグラー城とiPod イティマド・ウッダウラー廟とiPod イティマド・ウッダウラー廟とiPod タージ・マハルとiPod タージ・マハルとiPod 風の宮殿とiPod

クリックで画像拡大
横浜中華街 朝陽門 かいしょうなち ( 2007/06/30 14:10:47 )  
こっちは山下公園側の東門

クリックで画像拡大
横浜中華街 善隣門 かいしょうなち ( 2007/06/30 02:44:29 )  
出張のついでに行ってきました。
平日にもかかわらず、観光客で賑わってました。

クリックで画像拡大
アーグラー城からの眺めとiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:28:52 )  
インド アーグラー市内 アーグラー城
タージ・マハルを建てたシャー・ジャハーンが幽閉された囚われの塔付近からの眺めです。
シャー・ジャハーンの夢は愛妃ムムターズ・マハルの為だけに造ったお墓(タージ・マハル)の対岸に対称的に自分のお墓黒いタージを建てることだったそうです。その夢が実現していれば川の対岸に黒い同じ建物が建っていたはずです。出来る事ならば見てみたかったです。

クリックで画像拡大
アーグラー城とiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:27:37 )  
インド アーグラー市内 アーグラー城
この建物の名前は分かりませんが城壁の中にはこのような建物がいくつもあります。残念ながら一般に公開されているのは全体の1/3だけのようです。

クリックで画像拡大
アーグラー城とiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:25:57 )  
インド アーグラー市内 アーグラー城
ムガル帝国の権力の象徴と言われる大規模で豪華なお城です。
この場所は出入り口のアマル・スィン門付近です。赤砂色の城壁がとても印象的です。

クリックで画像拡大
イティマド・ウッダウラー廟とiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:22:23 )  
インド アーグラー市内 イティマド・ウッダウラー廟
イスラム建築は偶像崇拝を禁止しているためこのような装飾がよく
見られます。普段なかなか見ることのない建築技法と美しさに目が
奪われます。大理石の透かし彫りの技法はまさに職人技です。

クリックで画像拡大
イティマド・ウッダウラー廟とiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:20:53 )  
インド アーグラー市内 イティマド・ウッダウラー廟
これはムガル時代の墓所です。大理石の透かし彫りの技法は後にタージ・マハルに受け継がれたそうです。
小さいながらも存在感のある立派な建物です。

クリックで画像拡大
タージ・マハルとiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:19:39 )  
インド アーグラー市内 タージ・マハル
少しでも近い場所でiPodと一緒に撮りたくてタージ・マハルの北側にあるヤムナー川対岸からの眺めです。今の時期は川の水量が少なくて川面に写るタージ・マハルの姿は見れませんでした。

クリックで画像拡大
タージ・マハルとiPod shimaneko ( 2007/06/28 15:16:41 )  
インド アーグラー市内 タージ・マハルの見える安宿屋上
憧れのタージ・マハルを少しでも早く見たいが為に泊まったホテルの屋上から見える景色です。
実際に中に入るとその美しさと大きさにびっくりしました。
残念ながらiPodは中に持ち込む事が出来ませんでした。
以前爆破事件があったらしく危険物とみなされるものは持ち込めなくなっています。

クリックで画像拡大
風の宮殿とiPod shimaneko ( 2007/06/27 18:07:27 )  
インド ジャイプル市内 風の宮殿
残念ながら正面は前面改装中の為裏側からの写真のみです。
この宮殿は宮殿内にいる女性が町を見下ろしたいということでこのような建物になったそうです。薄っぺらい建物ですが風が通り抜け出来るようになっています。

武庫之荘 音楽教室
陶芸 陶芸
グルメ グルメ
ステンドグラス

©〜iPodのある風景〜 iPod写真投稿フォトギャラリー